HOME > 役員・組合員 > 名誉会長 澤田 隆治(さわだ たかはる)

役員・組合員

 

名誉会長 澤田 隆治(さわだ たかはる)

名誉会長 澤田 隆治(さわだ たかはる)

・株式会社テレビランド 代表取締役社長

・株式会社汐留スタジオ取締役会長

・J・VIG日本映像事業協会 名誉会長

・放送芸術学院専門学校 学校長

・東京放送芸術&映画・俳優専門学校 学校長

・山路ふみ子文化財団理事

・一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟(ATP)顧問

・富山県高岡市観光親善大使(2013年~)

 

1933年(昭和8年) 3月18日大阪府吹田市に生まれ、京城(ソウル)で育つ。

終戦で引きあげ、父の故郷・富山県高岡市から兵庫県尼崎市へ。

 

1955年(昭和30年)神戸大学文学部日本史学科卒業。朝日放送に入社。

ラジオの演芸番組のプロデューサーとして活躍。

1958年度民放祭で担当番組3本が受賞。

 

1958年(昭和33年)テレビのディレクターへ。

1960年代に大阪発の公開コメディ番組で「あたり」をとり、

『てなもんや三度笠』、『スチャラカ社員』、『ごろんぼ波止場』と、

週3本のレギュラー番組を演出して視聴率100%男の異名で知られる。

 

テレビカラー化に伴うドラマづくりでプロデューサー担当。

1970年大阪万博の電気通信館の演出担当、午前中は万博会場で

オペレーション、午後はテレビ局で番組制作を担当。

1970年代には、『ただ今恋愛中』、『新婚さんいらっしゃい』などを

企画・制作、トークショーの新しい潮流をつくりあげる。

 

1973年(昭和48年)制作プロダクションへ出向、日本テレビで

公開コメディ・バラエティの演出を手がけ、

1975年(昭和50年)東阪企画を設立。

 

『ズームイン!!朝』、『花王名人劇場』をスタートさせ、

情報番組・バラエティ・ドラマなどの番組制作で知られる

テレビ制作プロダクションに育てあげた。

演出・制作をしてタイトルに名前が出たテレビ番組数は1万本を越える。

漫才ブームの仕掛人、お笑い界のドンとしてスターにしたタレント多数。

1970年(昭和45年)大阪万博をはじめ、横浜博松下館、富山博など

地方博のパビリオン演出。

 

1988年(昭和63年)新日鉄製鐵・ライフ事業部専門部長に就任。

福岡県北九州市のテーマパーク『スペースワールド』を企画・立案。

 

1989年(平成元年)

ハイビジョンコミュニケーションズ常務取締役制作部長に就任。

書籍「笑人間」刊行。

 

1990年(平成2年)「スペースワールド」プランニング及び

オープニングセレモニー。国際花と緑の博覧会では

「花ハイビジョン」のプロデューサーとして参加。

 

1994年(平成6年)富山県高岡市にて

高岡ギャグ夏祭りプロデュース・演出。(※2020年現在も継続中)

 

1996年(平成8年)には、富山県で開催された「とやま緑化フェア」の

イベントプロデューサーなど、地方のイベントプロデューサーとしての

活動が多い。

 

また、得意の喜劇の舞台演出も多数。1992年(平成4年)まで、

全日本テレビ番組製作者連盟理事長を3期に亘って務め、

テレビ制作プロダクションの地位向上に力をそそぎ現在顧問、

さらに1994年(平成6年)日本映像事業協同組合

(現:協同組合日本映像事業協会)を設立。

多数の制作プロダクションが加入している。

経済産業省参加の互助組合の会長を11期務め、

2017年(平成29年)名誉会長に推薦される。

 

2001年(平成13年)から2008年(平成20年)まで

帝京平成大学現代ライフ学部の教授。

講義内容「笑いの映像史」「笑いとセラピー」。

2001年から2004年まで国士館大学21世紀アジア学部講師。

 

2006年(平成18年)笑いと健康学会設立。

会長としてライフワークの笑いが健康に与える効果の実証実験を続ける。

2019年(令和元年)10月笑いと健康学会解散。

ビューティービジネス学会と提携発展する事となった。

 

2013年(平成25年)高岡市観光親善大使就任。

(※2020年(令和2年現在も継続中)

 

2014年(平成26年)から吉本興業主催のなんばグランド花月 

舞台「THE舶来寄席」のエグゼクティブ・プロデューサーに就任。(※2020年(令和2年)現在も継続中)

 

2017年(平成29年)8月3日                                                                 

筑摩書房より「私説大阪テレビコメディ史 花登筐と芦屋雁之助」が発売される。

 

2019年(令和元年)6月30日

てなもんや三度笠PR特別番組「てなもんや奮闘記」

(時代劇専門チャンネル)収録。

前編が2019年(令和元年)7月20日、後編が7月27日 

それぞれに放送された。(※番組ゲスト出演)

 

2020年(令和2年)現在は滋慶グループの放送芸術学院専門学校・

東京放送芸術&映画・俳優専門学校の2つの学校長に就任。

 

◇1958年(昭和33年) 民放祭『漫才教室』で娯楽番組部門優勝

◇1965年(昭和40年) テレビ記者会賞個人賞受賞

◇1985年(昭和60年) 放送文化基金賞個人賞受賞

◇1993年(平成5年)  情報化促進月間郵政大臣個人賞受賞

◇1999年(平成11年) 大阪市文化功労賞受賞

◇2002年(平成14年) 大阪府知事賞表彰

◇2010年(平成22年) 放送批評懇談会 ギャラクシー賞 

第1回志賀信夫賞受賞

 

著書に、『私説コメディアン史』(白水社刊)、

『上方芸能列伝』(文芸春秋刊)、『笑いをつくる』(NHK出版刊)、

『決定版私説コメディアン史』(ちくま文庫刊)、

『テレビは何を伝えてきたのか』

(植村鞆音、大山勝美共著:ちくま文庫刊)

『私説大阪テレビコメディ史 花登筐と芦屋雁之助』(筑摩書房)

 

 

【澤田隆治公式ホームページ】 https://sawadatakaharu.com