HOME > 雇用就職委員会 > 「雇用就職委員会 学校会員説明会」

「雇用就職委員会 学校会員説明会」

制作現場の人出不足が恒常化し、才能の枯渇が問題となって、若手人材確保に苦労している我々の業界ですが、一方で大学では就職先が決まらない学生が多く、企業探しに必死になっています。そうした状況の中、協会加盟社と学生のより良いマッチングを図るためにJ・VIGでは会員各社の就職情報を優先的に学校に提供する「学校会員」を新たに募ることになり、7月19日、東京銀座の中小企業会館で学校会員説明会を開きました。

 

説明会には東京や静岡、京都の大学12校、12名が参加しました。冒頭、澤田会長は、「テレビ番組制作に特別な人はいらない。とにかくテレビが好きな人に仕事をしてほしい。テレビ局は一流大学出身者が多いが、学生時代に遊んでいない。記憶力だけで評価されている。制作会社は違う。少々成績が悪くてもいい。テレビが好きなら辛い仕事にも我慢が出来る。そうした中に天才的な才能を持つ人が表れる。そんなチャンスを作っていきたい。」と挨拶しました。
続いて雇用就職委員会、菊池委員長から学校会員の特典が紹介されました。

 

・「映像業界合同就職セミナー」への優先参加
・名刺交換会への招待
・会員社、テレビ局が一堂に会する新年会へのご案内
・加盟社の求人情報の提供
・学校での業界セミナーへ講師派遣

 

それぞれの内容について丁寧な説明を行い、加えて、会費は月5千円(入会金3万円)で、経済的な効果の高さもアピールされました。

参加した学校からも活発な質問が出され、学校側の関心の高さもうかがえました。そして現在までに、参加校の中から6校に入会をして頂きました。また、その他の学校からは、期の途中で予算措置がとれないが、来年以降の入会を検討するとの返事を頂いています。
雇用就職委員会では、今後さらに個々の学校とのパイプづくり、学校会員の拡大に努め、協会加盟社そして業界への優秀な若手人材確保を目指していきます。

 

文責 池田恵一