HOME > JVIGについて

JVIGについて

ごあいさつ

日本でテレビが始まった1953(昭和28)年から60年以上が経過しました。番組制作会社が本格的に登場した1970(昭和45)年から数えても、すでに45年を超える年月が流れています。

 

このテレビの歴史のなかで、私たち番組制作会社のクリエータたちは、それぞれの場で新しい番組づくりに取り組み、着実に成功させ、今日の地歩を築いてきました。

 

多チャンネル化や多メディア化の進展で、「テレビ放送」という領域は、かつてとは比べものにならないほど広がりました。それにともなって番組制作会 社の重要性もますます増大し、いまやテレビは、制作会社が関与せずには一日たりとも放送を続けることができないまでに至っています。

 

その過程で、番組・CM制作会社の権利を守るための連盟が社団法人として認められるなど、私たちの存在も広く社会的に認知されるようになっていきました。しかし、番組制作会社の福利厚生事業や、経営基盤を安定させるための事業についての対応は、まだまだ不十分でした。

 

そこで、私たちは1994(平成6)年、事業協同組合を設立し、会員各社の数々の福利厚生事業、番組制作資金の転貸融資事業などを実施、発足15周 年を機に団体名を「日本映像事業協同組合」から「協同組合日本映像事業協会」に改め、監督官庁である経済産業省より認可を得て、200社を超える会員社の ニーズに応えられる団体として、より一層努力を重ねて参りました。

 

ところが90年代後半から、インターネットや携帯電話に代表されるニューメディアの急激な普及により、マスメディアの状況は劇的な変化をみせました。番組制作会社は切実に新たな対応を求められています。

 

いま私たちJ・VIGは、新しい時代に適応するための人材を発見し雇用する目的で就職セミナーの開催に力を注いでいます。

 

そして私たちは経営基盤の安定と共に、よりよい番組やソフトを世に送り出していくことを使命と考え、会員各社を一層発展させることによって、日本のテレビ放送文化のために貢献していきたいと願っております。

 

 

協同組合 日本映像事業協会 名誉会長  澤田 隆治

協同組合 日本映像事業協会 会長澤田 隆治